MENU

薬局で乳首の黒ずみは治せる?


乳首の黒ずみ対策として、

 

薬局で買えるものが無いか調べている人は結構いるみたいですね。

 

 

 

 

乳首の黒ずみ対策として考えられる方法の中で、

 

実際に薬局で購入できるものは以下のようなものがあります。

 

 

  • サプリ(ビタミン・セラミドなど)
  • ニベアボディクリーム
  • オロナイン軟膏
  • ハイドロキノン

 

 

この中で実際に使えるものはあるのでしょうか。

 

 

サプリ(ビタミン・セラミドなど)

サプリ
肌のターンオーバーを正常化するために有効な栄養素として、

 

ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEなどがあげられます。

 

また、肌に潤いを与える成分としてセラミドなどが考えられます。

 

 

 

でも、サプリメントは即効性は期待できないです。

 

また、乳首の黒ずみ予防には良いかもしれませんが、

 

乳首の黒ずみを治すという意味では、ちょっとパワーが足りません。

 

 

ニベアボディクリーム・オロナイン軟膏

ニベア・オロナイン
黒ずみ対策として実際に使っている人も多いのがニベアやオロナインです。

 

 

 

実際にスキンケア対策として有効な成分も含まれていますし、

 

保湿成分も含まれていますので、効果は期待できます。

 

 

 

でも、美白成分は含まれていませんので、

 

黒ずみ対策としては不十分といえるでしょう。

 

 

 

乳首の黒ずみ対策には、美白成分は必須ですね。

 

 

ハイドロキノン

病院でも黒ずみの治療薬として処方されている

 

ハイドロキノンが配合された化粧品や、化粧水もドラッグストアで購入することができます。

 

 

ハイドロキノンは美白というより漂白です。

 

 

肌に刺激を与える成分でもあるので、

 

乳首などのデリケートな部分に使う時には、

 

使用に注意が必要です。

 

 

 

理想的な乳首の黒ずみ対策とは?

理想的な乳首の黒ずみ対策として、

 

絶対に外せな3つの条件が以下です。

 

  • 着色では無く美白。
  • 表面上だけでは無く、肌の内側から作用する。
  • 肌に刺激を与えない。

 

この3つの条件をクリアした方法を↓の記事で紹介しています。

 

→たった3ヶ月で効果を実感した乳首黒ずみケア方法

このページの先頭へ